HOME » プロペシアと併用したい。横浜で買える主なAGA外用薬

プロペシアと併用したい。横浜で買える主なAGA外用薬

プロペシアを内服薬として飲み、外用薬を使いながら頭皮に有効成分を直接届けることによって、AGAにより高い効果を発揮できます。そこで、こちらではAGA治療によく使われる治療薬を2種類ご紹介します。

ロゲイン

横浜での平均価格:5,800円~8,000円/1ヵ月

髪の毛の成長を促進

ロゲインは、育毛成分として有名なミノキシジルを主成分としたAGA治療薬です。ミノキシジルは血管を拡張させ、血行を促進させる作用があるので、もともとは高血圧の治療薬として使われてきました。

この血行促進作用は、当然頭皮にも効果を発揮します。十分な栄養や酸素が行き渡ることで、毛根にある毛母細胞が活性化し、髪の毛の成長を促進させるというわけです。そのため、AGA治療にもよく使われるようになりました。

抜け毛や薄毛も防げる

また、ロゲインには毛髪の成長を止めてしまう作用がある5αリダクターゼの合成を抑える働きもあるので、抜け毛や薄毛を防ぐことができます。

副作用が出る心配は少ないですが、体質によっては頭皮のかぶれやかゆみ、赤みなどが発生する場合がありますので、心配な方はクリニックでパッチテストを行なってみましょう。また、高血圧の治療薬でもあるので、低血圧の方が使用すると血圧が下がりすぎてしまう危険性があります。

パンストチン

横浜での平均価格:不明(各クリニックへ要問合せ)

男性ホルモンを抑制

パンストチンは主に抜け毛を抑制する外用薬で、とくに女性のAGAによく使われるようです。アルファトラジオールを主成分とし、抜け毛の原因となる男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑えることが可能。

とくに女性の場合は、加齢とともに体内の女性ホルモン量が減り、男性ホルモンが優位になることで、AGAが発症します。そこで男性ホルモンを制御するこのパンストチンは、女性のAGAに効果的というわけなんです。

AGAの初期段階に効果的

効果は他の治療薬と比較するとゆるやかなので、症状が進行したAGAには効き目が薄いですが、初期段階のAGAの抜け毛予防に効果的とされています。

ロゲインと同様、副作用が出る心配は少ないですが、配合されているアルコール成分によって頭皮のかぶれやかゆみ、赤みが起こる場合もあります。