HOME » 父親から遺伝?頭髪にまつわるエトセトラ » 生活習慣を見直そう

生活習慣を見直そう

生活習慣の乱れは薄毛と大きく関係しています。どんな生活習慣が、どのように薄毛につながるのか、メカニズムをしっかり理解して、日頃の生活を見直してみましょう。

生活習慣と薄毛の関係とは?睡眠不足は薄毛の大敵

成長ホルモンが発毛を促進

まず、薄毛を防ぐために睡眠をしっかりと取りましょう。睡眠中には「成長ホルモン」というホルモンが分泌され、体の成長や疲労回復を促す働きがあり、このホルモンが髪の毛の成長も促しています。

成長ホルモンの分泌は、22時から翌日の2時までがピーク。睡眠が足りないと十分にこの成長ホルモンが分泌されないため、髪の毛も育ちにくくなります。

睡眠不足→男性ホルモンの過剰分泌

また睡眠不足になると、脳を活性化させるために交感神経が優位になります。すると、体が緊張状態になるため血管が収縮し、血液の流れが悪くなることに。血流が悪化するということは、髪の毛を成長させる毛包に栄養素や酸素が行き渡らなくなって、髪の毛の成長が止まったり、抜け落ちたりする原因となってしまうのです。

さらに、睡眠が不足すると「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が過剰に。テストステロンはストレスに打ち勝つために必要なホルモンですが、同時に薄毛の原因につながります。

以上のように、睡眠不足は薄毛を引き起こすさまざまな要因のもと。しっかりと意識して十分な睡眠をとるようにしましょう。

食生活の乱れも薄毛の原因に

睡眠と同様、食生活の乱れにも要注意。脂っこい食べ物を食べ過ぎると体内に脂質が多くなり、肥満の原因となるだけでなく、皮脂の過剰な分泌につながります。

皮脂を分泌する皮脂腺は、手の平と足の裏を除く全身にあり、なかでも頭部が一番多いといわれているそう。この皮脂が毛穴に詰まると、髪の毛の成長を阻害して薄毛の原因になってしまうのです。さらに、血液中にコレステロールが溜まって血流が悪くなることで、髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、やがて薄毛になってしまうことも。

脂質+アルコールの最悪コンボ

お酒を飲む方も要注意。少量であれば血行を促進する働きもあるのですが、飲みすぎると肝機能を低下させることになり、薄毛につながります。

また、肝臓には髪の毛の原料となるタンパク質をつくる働きがありますが、お酒の飲み過ぎによって肝機能が低下すると、このタンパク質を生成する能力が低下し、髪の毛の成長にも悪影響が。とくに外食や飲み会が多い方は、脂っこいものやお酒を多く摂りがちになりますので、十分注意してください。