HOME » 父親から遺伝?頭髪にまつわるエトセトラ » 薄毛は遺伝するの?

薄毛は遺伝するの?

薄毛の父親や祖父を見て、「自分もひょっとしたら将来…」と心配されている方のために、薄毛と遺伝の関係についてご説明します。

父親が薄毛だから子も…?薄毛に関係する遺伝子とは

理科の授業で教わったように、そもそも遺伝子はX染色体とY染色体という2つの染色体が関係しています。まず、父親の精子にはXとYの両方の染色体が、母親の卵子にはX染色体が含まれていて、男性の場合、父親から受け継ぐのがY染色体と、母親から受け継ぐX染色体。女性は父親と母親の双方からX染色体を受け継ぎます。

恐怖!薄毛遺伝子!!

ここで注目したいのが、薄毛遺伝子と呼ばれる「デンセイホルモン受容遺伝子」。これはX染色体に含まれるもので、この遺伝子を受け継いでしまうと、男性ホルモンが分泌されるときに脱毛作用が働き、薄毛になりやすい体質となってしまうのです。

ポイントは母方の祖父が薄毛かどうか

「お祖父さんがハゲていると、隔世遺伝で自分もハゲる」ということを耳にされたことがあるかもしれません。これは半分ホントで、半分はウソです。デンセイホルモン受容遺伝子はX染色体に含まれているので、子は母親からこの遺伝子を受け継ぐということ。仮に父親がデンセイホルモン受容遺伝子をもっていて薄毛であったとしても、父親のY染色体を受け継ぐ子は、その影響を受けません。

父親の薄毛遺伝子は伝わらない!?

このように、父親がハゲているからといって、子もハゲになるわけではないのです。同様に、父方の祖父がハゲていても、薄毛になりやすい体質は引き継がれませんので、悲観する必要もないかもしれません。

注意したいのが、母方のお祖父さんが薄毛の場合。先程もご説明したとおり、女性は父親からも、母親からもX染色体を受け継ぎます。母方の祖父がデンセイホルモン受容遺伝子をもっていた場合、それが母親に受け継がれ、さらに子にも受け継がれることになり、将来薄毛になる可能性が高くなるということなんです。

クリニックで検査しよう!

つまり、自分が薄毛になりやすい体質かどうかは、母方のお祖父さんが薄毛かどうかをチェックすれば、ある程度は分かるというわけなんです。

しかし、母方のお祖父さんが薄毛だからといって、必ずしもその孫が薄毛になるとは限りません。もし頭髪の状態に不安があるようでしたら、クリニックで遺伝子検査を行なえば薄毛体質かどうか分かりますので、一度受診してみると良いかもしれません。