HOME » 父親から遺伝?頭髪にまつわるエトセトラ » 帽子は薄毛を促進する?

帽子は薄毛を促進する?

「帽子をかぶると薄毛になりやすい」というウワサを聞いたことがあるかもしれません。ホントに帽子をかぶると薄毛になるのでしょうか?ここではウワサの真偽、メカニズムなど、帽子と薄毛の関係について説明します。

帽子は薄毛予防にも、薄毛の原因にもなる諸刃の剣

乾燥と紫外線から頭皮をガード!

薄毛につながるイメージのある帽子ですが、実は頭皮を守るという意味では、どちらかといえば薄毛予防に効果があるのです。

頭皮が日光にさらされると、乾燥肌を引き起こし、抜け毛や薄毛の原因となる炎症などにつながるうえ、紫外線が髪の毛自体にもダメージを与えます。

このように、頭皮を保護して薄毛を防ぐためには、帽子をかぶることも効果的。だし、帽子のかぶり方によっては逆に薄毛の原因となる危険性もあります。

サイズの合った帽子を

帽子を長時間かぶり続けると、頭皮が汗で蒸れます。すると、雑菌が増殖して炎症などを引き起こすことに。

また、サイズが小さすぎる帽子をかぶり続けるのも避けましょう。頭を締め付けることによって血行が悪くなり、毛根にある毛母細胞に栄養素や酸素が運ばれにくくなってしまうのです。すると、髪の毛が十分に成長できず、抜け毛や薄毛の原因となることも。

つまり、帽子は薄毛を防ぐ働きもある一方で、薄毛を進行させる原因にもなりえますので、正しくかぶることが重要なのです。

薄毛を防ぐための帽子の選び方・かぶり方

通気性と柔らかさがポイント

薄毛を防ぐためには、帽子の選び方が重要です。まずはなるべく通気性のよいものを選んで、頭皮が汗で蒸れるのを防ぎましょう。

頭の締め付けを防ぐために、サイズが合ったものを選ぶ、あるいは柔軟性があるものを選ぶことも大切です。

こまめに脱帽しましょう

かぶり方も工夫が大切。帽子を長時間かぶりっぱなしにするのではなく、汗をかいだらこまめに脱ぎ、頭皮の蒸れを防ぎましょう。仮に汗をかいてしまったら、タオルで拭き取るなど、頭皮を清潔に保つようにしてください。また、こまめに帽子を脱ぐことによって、頭皮の締め付けも防ぐことができます。

室内で帽子をかぶりっぱなしにするのは、マナーの点でもよろしくありません。あくまで「外にいるときに日光から頭皮を守る」くらいの感覚でいることが、薄毛の予防につながるのです。