横浜駅周辺にて格安のAGA治療を行うクリニック

横浜駅を利用する働き盛りの皆さまへ。ストレス社会を強く戦い続ける貴方には、頭髪の悩みなんぞに心を割いている暇はありません。そこで今すぐにでもAGAの悩みから解放されていただくため、横浜駅周辺にあるAGA治療クリニックを調査、比較しました。横浜でAGAの名医と呼ばれる医師が所属している医院のみをピックアップし、価格順にご紹介します。

横浜でおすすめの
AGA治療クリニック比較

エークリニック

エークリニックサイトトップ
エークリニック公式を見る▶

価格 76,680
※オーダーメイドAGA発毛メソセラピー+プロペシア3か月分の価格です
施術内容 オーダーメイドAGA発毛メソセラピー
内服液20パターン×外用薬6パターン×メソセラピー5パターンの計600パターンの施術方法。メソセラピーとは、さまざまな医療薬を注射器等で体内に注入し、治療効果を得る手法のことで、頭皮の細胞に働きかけ、髪の毛の成長を促します。患者の要望、またAGAの進行具合、体質、原因などにマッチした処方(オーダーメイド処方)を提案してくれます。
院長の経歴 品川美容外科横浜院院長を経験したのち、エークリニックを開院した山田院長。
美容外科医歴23年を誇るこのベテラン医師は、その地位に甘んじることなく常に先進的な施術、治療を追い求めています。そんな患者本位の姿勢は、同院に繰り返し通院するほどの多くのファンを生み出しています。
住所 横浜市西区南幸1-5-39 太洋ビル6F※JR横浜駅みなみ西口より徒歩1分
診察受付 10時~19時/休診日:水曜、日曜

湘南美容外科クリニック横浜院

湘南美容外科クリニックサイトトップ
湘南美容外科クリニック横浜院公式HPを見る▶

価格 87,300
※毛髪再生メソセラピー+プロペシア3か月分の価格です
施術内容 毛髪再生メソセラピー
薄毛部位にレーザーと超音波を用い、発毛育毛に必要な成分を浸透させる治療法が毛髪再生メソセラピー。
薄毛治療として一般的に用いられる方法は、薬、自毛植毛などがあります。その中でも、発毛効果を短期間で実感したい方、植毛には抵抗がある方には毛髪再生メソセラピーがおすすめです。
院長の経歴 医師としての確かな経験から、患者の「変わりたい!」という希望をただ叶えるのではなく、医学的観点から健康にも十分に配慮された施術を得意としている竹田院長。
AGA治療においても同様で、コンプレックスの治療ならではの心理面のフォローを忘れず、さらに健康に害のない治療方法を日々模索しています。
住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F※JR横浜駅西口より徒歩5分
診察受付 10時~19時/休診日:なし

横浜ガーデンクリニック

横浜ガーデンクリニックサイトトップ
横浜ガーデンクリニック公式HPを見る▶

価格 109,620
※HARG療法+プロペシア3か月分の価格です
施術内容 HARG療法
HARG療法は、AAPE製剤とビタミン製剤を混ぜたHARGカクテルを頭皮に直接注射する治療法。AAPE製剤を注入することでサイトカイン(たんぱく質)が放出し、発毛を促進します。ガーデンクリニックでは、一定の深さに均一に注入できる極細の針を用い、気になる薄毛の箇所に丁寧に注射。また、AGA治療用に改良した無痛麻酔下で行えば、痛みもなく施術できます。
院長の経歴 形成外科医として8年のキャリアを持つ柴田院長。形成の究極を極めた美容外科に魅力を感じ、2016年よりガーテンクリニックに入局、院長に就任。
患者の理想の姿を追求するスペシャリストとして、日々の治療と向き合っています。
住所 神奈川県横浜市西区北幸2-10-40横浜TYビル 3F※JR横浜駅より徒歩7分
診察受付 9時~22時/休診日:なし

AGA治療に定番の内服薬、プロペシアとは?

AGA治療によく使われる内服薬がプロペシア。別名「フィナステリド」とも呼ばれ、特に毛が抜けるのを防ぐ効果が強く、AGAに悩む患者の98%の人に効果があるともいわれています。もともと前立腺肥大の治療薬として使われていましたが、脱毛を防ぐ効果もあることがわかり、世界中にAGA治療薬として普及しました。男性ホルモンであるテストステロンが5αリクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンというAGAを引き起こしやすい男性ホルモンに変わり、これが毛乳頭細胞と結合することにより髪の毛の成長が止まってしまいます。プロペシアは5αリクターゼの生成を阻害することで、AGA治療に効果があるというわけです。ただ、プロペシアにはもともと前立腺肥大の薬でもあるため、勃起不全(ED)などの副作用が出る可能性もありますので、ご注意ください。

AGA治療によく使われる外用薬、ミノキシジルとは?

ミノキシジルはもともと高血圧の内服薬として使われていましたが、発毛効果もあり、AGAの外用薬としても広く使われています。大正製薬の「リアップ」に配合されており、認知度が高いAGA治療薬です。プロペシアと併用することで、体の外からも内からもAGAの原因にアプローチすることが可能です。血行を促す作用があり、酸素や栄養素を行き渡らせることによって毛乳頭や毛母細胞を活性化させ、発毛を促す効果があると考えられています。厚生労働省からは「発毛、育毛、および脱毛の進行予防効果が期待できる」と認められている他、日本皮膚学会でAランクを取得するなど医学的にも効果は証明済み。ミノキシジルは安全性が高いものの、わずかではありますが、頭痛や低血圧、目のかゆみや手足のしびれと言った副作用が発生する可能性もあります。

そもそもAGAって何?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語では「男性型脱毛症」と言われます。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなることで、遺伝や男性ホルモンの働き、生活習慣など、さまざまな原因があります。日本では1,260万人もの人がAGAとなっていて、650万人もの人が何らかのAGA対策を行っていると言われているくらい。生活習慣をケアしたり、適切な治療を受けていないと、どんどん症状が悪化していきますので、早期に生活習慣を見直したり、治療を受けることが大切です。